賃貸住宅とは

仕事や進学などで東京へ住む予定になる方もたくさんいらっしゃるかと思います。
東京で新しい生活始めるにあたって下宿をされる方よるも、賃貸住宅をお探しになる方の方が圧倒的に多いと思いますので、賃貸住宅について少しご紹介していきたいと思います。
賃貸住宅とは、賃貸借契約に基いて他人に貸し出すことを目的とした居住用の建物全般のことをいいます。
不動産投資として新築をする時から人に貸出をするために建築されることもありますし、住居を購入した後に転勤などが決まってしまい人に貸し出す場合などがあります。
住居を所有している家主である大家と、居住者になる賃借人が契約を結んで、家主に対して毎月の家賃を支払って居住します。
住宅の所有者は、民間である企業や個人と、公的組織である地方自治体や住宅供給公社、都市再生機構などに分類されると言われております。
双方が契約を結ぶ際には、所有者が公的組織の場合には直接当該組織と契約を交わすようなかたちになりますが、所有者が民間である場合は、不動産会社を通して賃借人と大家が契約を交わすことが一般的な契約方法であるとされております。
住居の形態としては、アパートやマンションがあり、マンションの場合は単身用のワンルームからファミリー向けのものまでさまざまな住居があります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 東京の賃貸を利用するコツについて All Rights Reserved.