アパートとマンションの違い

東京のお部屋探しなどをしていると、賃貸アパートとマンションがあるかと思いますが、これらの違いは何なのかについて少しご紹介していきたいと思います。
アパートとは、英語のapartmentの和製英語ですが、主に木造や軽量鉄骨造の建物でつくられており、構造上の制限によって2階建てなどの低層住宅が多く、住宅にエレベーターなどが設置されているようなアパートは非常に少ないとされております。
2階建までの低い住宅アパートのことを「コーポ」や「ハイツ」などと称することがあります。
最近ではほとんどの方が賃貸を探されますので、昔のように家主との同居で個室を借りて下宿をするという学生はほとんど見られないようです。
マンションとは、アパートよりも大規模な共同住宅のことで、構造としては基本的に鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造で区分所有されているものが多く、中高層の3階以上の分譲、共同住宅のことをいいます。
アメリカ合衆国などで、マンションに住んでいると説明するとものすごい豪邸に住んでいるということになってしまい、分譲物件に住んでいる場合はコンドミニアム(condominium)、賃貸物件に住んでいる場合にはアパートメント(Apartment)だと表現するのが一般的だとされております。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • 暑さ寒さに対応したRC外断熱を採用した住居建築をお考えなら、蓄熱量の大きさを生かし小さなエネルギーで室内温度差の少ない室内環境を実現できるこのサイトがおすすめです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 東京の賃貸を利用するコツについて All Rights Reserved.